【夏のメインイベント海水浴を楽しむ】水着の基本!

水着の種類をもっと知ろう!水着選びと必需品!

水着は海だけじゃない!

実は水着を私服と組み合わせて着る方も多いです。トップスや見せブラとして利用する方はたくさんいます。でも、やっぱり海で着用すると2倍も3倍も魅力アップに繋がりますよ。それでは、水着のことを学んでいきましょう。

海水浴に持っていく必要な物ランキング!

no.1

【ド定番中の定番】着替え

かなり必要な物で、忘れ物ランキングでも1位の着替えです。着替えを準備する場合は、行き帰りの服と海水浴後に着るラフな洋服などです。それさえあれば快適に過ごせるでしょう。忘れないように要注意です。

no.2

【万能な使い方がある】バスタオル

身体を拭く以外にもたくさんの使い方のあるため、バスタオルは必要です。肩に羽織ったり、頭を覆い被せたりすると紫外線予防にもなります。また灼熱の炎天下でタオルを濡らして羽織るだけでもクールダウン効果があります。昼寝する時の布団変わりにもなるので、重宝しますよ。

no.3

【紫外線は女性の永遠の天敵】日焼け止め

紫外線対策として最も必要なのが、日焼け止めクリームです。コチラも着替え同様に忘れやすいです。海の家でも購入することができますが、価格がちょっと割高の場合があるため、事前に購入して、すぐにカバンに入れておくと良いですよ。

no.4

【海水浴後に体をキレイに!】シャンプー類

海で楽しんだ後は、髪の毛や身体がゴワゴワした感覚になります。それをリセットしてくれるのがシャワー室です。そこでキレイにボディソープ・シャンプー・リンスを使用して綺麗さっぱり洗い流しましょう。

no.5

【熱い地面や日差しから守る】サンダル・帽子・サングラス

暑い日差しに常に当たっている砂やアスファルトは拷問かっ!と言いたくなるくらい熱いです。そんな熱い地面から足を守るのがサンダルです。それだけではなく、カンカン照りの恐怖である日射病対策のための帽子、意外と知られていない目の日焼け対策のサングラスなども必要ですよ。

【夏のメインイベント海水浴を楽しむ】水着の基本!

水着の人達

水着は夏の風物詩!

夏といえば海!海といえば水着と言うくらいメジャーです。俳句でも水着は夏の季語になっているくらいです。そんな夏の印象が強い水着ですが、選ぶのも一苦労です。毎年のトレンドに合わせたり、サイズが変わったりなど大変です。しかし、それが水着の魅力とも言えます。水着を購入する=夏が来るということなので、水着選びから夏は始まっているのかもしれません。

アクティブな人向けの水着って?

アクティブな方は、サーフィンや海のレジャーを楽しむ方が多いです。そのため通常の水着では心配になる方も多いでしょう。そんな方のための水着は、ハイネックビキニがオススメ。可愛いデザインもたくさんあるので、バナナボートや泳ぐのには最適です。サーフィンを楽しみたい方はラッシュガードが良いですよ。特に長袖タイプなら日焼けの心配もいりません。

よくある水着のハプニング!

よくある水着のハプニングとして、紐が切れたり、ズレてしまったりということが多いです。それらのほとんどが泳いでいる最中、泳いだ後に起きる確率が高いです。こういった時の対処方法としては、上記で説明した長袖のラッシュガードが良いですよ。水着も守られるし、気にせず遊べます!